かつてはモノを作るのは工作用などの特殊な機械類を持っている工場や業者の専売特許でした。もし、いいアイディアが頭に浮かんでもそれを実体化するのは簡単なことではなかったのです。工場や業者が個人のアイディアを聞いて作ってくれることは不可能でしたし、依頼する方法もありませんでした。
仮にどうしても実体化するとしたときは少なくとも数十万円、下手をするとそれ以上の金額が必要だったはずです。そのくらいモノを作るのは敷居が高い世界のことでした。しかし、技術の進歩とは素晴らしいものです。
パソコンを使っていますと、プリンターを使って2次元のものを印刷することは普通にできます。それと同じようにしてモノを作れるようにしたのが3dプリンターです。つまり3次元のプリンターです。

個人でもメーカーになることができます。

3dプリンターの一番画期的なことは専門家と一般の人の垣根を一気に低くしたことです。それまではモノを作るには設計図を描く勉強が必要だったり、ときにはデザインの技術も必要な場合がありました。しかし、3dのプリンターの登場によって専門の勉強や知識がなくともモノを作ることができます。
もちろん、モノの大きさには限界があります。普通のプリンターから発展したものですので同じくらいの大きさのものが限界です。ですが、一般の人が使うにはそれで充分です。普通のプリンターが世の中に登場したときもすぐに世の中に受け入れられました。使い道がいくらでもあったからです。
出た当初は企業が業務の中で使うことから始まり、それから1枚数十円で使える方式が浸透し、そして家庭の中に入り込んできました。それが可能になったのは一般の人でも買えるような価格に低くなってきたからです。

3dプリンターも同じような道筋をたどるかもしれません。

2dのプリンターと3dのプリンターの違いをあげるなら使う人の割合です。2次元のプリンターを使う場面はコピーをするときですから、事務関連の業務ときや学生が勉強するときなど使う場面はいろいろあります。それがプリンターの価格が下がった要因の一つでもあります。
しかし、3dのプリンターの場合は「モノを作る」場面に限られてきます。これはなにを意味するかと言いますと世の中に出回る割合が低いことです。つまり2dのプリンターほど使う場面が多くないことになります。
このことは3dのプリンターの価格が2dほど価格が下がらない可能性を教えてくれています。そうなりますと一般の人が3dのプリンターを使うことができないことになりますが、その問題を解消するにはレンタルという方式を採用することです。レンタルですと、高額な出費を伴わずに3dのプリンターを使うことが可能です。試してみてから購入に進むのが一番よい方法です。