最近はどんどんと3dプリンターに対する需要が高くなってきています。その為こうした需要に対応してレンタルも出来るサービスが始まりました。なかなか買うとなるとそれなりの値段になりますが、借りるのであれば、特に大きな出費とはならないので、こうした使い方がこれから増えていくことになるかもしれません。
何しろ3dプリンターは使い方が簡単ですから、レンタルでも問題ありません。材料を入れてデータを入力してスタートボタンを押すだけの簡単作業ですから、誰でも出来るでしょう。
目的の物を作った後は返却すればいいわけで、ちょっとしたものを作りたいときとか、どうしても市場では手に入らないようなものがあるときに利用すると便利です。そんなに使用頻度が高くなければ借りるというのは賢い選択です。

誰でも操作することが出来るものなのか

レンタルをするときに気になるのが使い方が分かるだろうかということですが、使ってみるとわかりますが、とても簡単な操作で使うことが出来るのでこのシステムは成り立つのです。
借りて使うサービスとしては、車などのレンタカーなどがありますが、レンタカーなどよりも簡単に使うことが出来るといってもいいでしょう。材料を入れて、データを入れて、スタートボタンを押すだけです。後は特に難しいこともありません。
自分がモノ作りをするのではなく、モノ作りは装置が自動的にやってくれるので、基本的にすることは待つだけです。そのため、装置を壊したりするような心配もいりませんし、簡単な操作で使えるからこそこのシステムは成り立っているわけです。ですから、心配はいらないといってもいいでしょう。

どんなものを作ることが出来るのか

極論を言えば作れないものはないといってもいいのが、この3dプリンターです。ただ、現状では材料に制限がありますし、ほとんどの形状は作れるものの、完全に作れないものがないというわけではありません。
ほとんどの形状は作ることが出来るので、樹脂のフィギュアなどが作れます。これが作れるということは、大抵のものが作れるということは分かるでしょう。
ほとんどのものが作れるということは、用途は無限にあるということがいえるかもしれません。作りたいものがある人にとっては夢のような代物だということです。
一つ試しに作ってみるとその能力の高さが分かりますから、すぐに次に作りたいものが出てくることとなるでしょう。そうなると借りるよりも買ってしまうということになるかもしれません。