腕の良い板金塗装業者を見付ける方法

板金塗装

板金塗装と聞いて、何を想像するでしょうか。板金とは、元々の意味としては金属を板のように延ばしたものという事になります。または金属の板を常温のまま加工する事を指します。しかし一般的に板金と言うと、車の修理の事を指します。つまり、板金塗装とは車の塗装であるという事です。車は見ての通り平らではありません。しかし元は平らの金属板から作られています。大きな金属板を曲げたり切ったり、加工して作られているのです。そして、車は傷ついたり色が剥がれたりします。そういった場合に登場するのが、板金屋です。彼らは車の修理や塗装などをこなす職人です。そしてその仕上がりには経験と腕が物を言います。では、腕の良い板金塗装業者を見つける方法はあるのでしょうか。実際に施工してもらわないとわからない部分もありますがある程度は予測できます。

板金塗装について詳しく見ていきましょう

板金塗装は色を塗るだけと思われがちですが、実際はただ塗るだけではありません。例えば、白の色を見てみましょう。一口に白と言っても、暗めの白からパールの入ったものまで、さまざまな白色が存在します。車体の色はメーカーごとに微妙に異なっています。色の見た目だけではわかりにくいものですが、塗装をしてみると一目瞭然です。もし少しでも違う色で塗装してしまうと、そこだけ浮いてしまいます。塗装の業務は3つの工程にわかれています。まずは下地工程です。ここでは小さな凸凹を修正したり、耐水性を上げる為の下地を作っていきます。次は塗装工程です。文字通り塗装していくもので、もともとの色に近くなるよう調合して塗装していきます。最後は、磨き工程です。これを行なう事によって綺麗に完成していくのです。

腕の良い板金塗装業者を見つけるには

腕の良い板金塗装業者の条件とは、何でしょうか。まず、経験値が高い事が挙げられます。塗装業務は経験がものを言います。長年積み重ねてきた経験から、しっかりと色を合わせる技術を身に着けている人が、腕の良い板金塗装業者と言えます。ですが、そんな人を簡単に見つけられるわけではありません。知り合いにいるとか、友達がそうだという人以外は、インターネットを駆使したり、実際に店舗に足を運んでみたりして見つけていくしかありません。近年は便利になり、インターネットで技術のアピールをしているお店も少なくありません。実際の施工例を載せている場合は、判断材料になります。もちろん、お店側も自信があるから載せているので、安心していいでしょう。ただし、施工した人によりけりかもしれませんので、実際に依頼する時は確認するといいかもしれませんね。