目的別に考える板金塗装の発注手段

板金塗装

板金とは、平らの形をした薄い金属のことをいい、製品を作るときに金属材料のひとつとして、基本パーツとして使われることが多いです。この板を切断したり曲げるなどの加工をして、様々な形状にした物を製品作りの材料として使っています。私達の暮らしの中を見渡せば、この板金を使っている多くの製品がありますので、この板を取り扱っている板金関連業者も多く存在しています。業者は板に加工をする業者もいますし、板金塗装をする業者もいます。板金塗装の依頼は、製品作りの過程で板金に配色を依頼する場合もあれば、塗っていた色が剥げるなどしたために、上から再び塗り直してもらうという依頼もあります。また板金の表面の保護をするために、上からコーティングをする塗装もあり、必要に応じて目的に合わせた塗装を板金業者がしてくれるものです。

私達にとって身近な板金塗装は車関係が多い

企業にとっては製品作りの製造過程に組み込む板金は製品の一部で必要な物ですから、板金塗装の依頼をするにしても、希望に沿った塗装ができるクオリティや技術力のある塗装業者を選ぶことが良い製品作りのためにはかかせません。このような製造企業ではなく、私達一般人が板金塗装の依頼をする多い身近な例としては、マイカーの塗装があります。お車がぶつかったり擦れてしまったりすることで、だんだん車体についてしまった傷やへこみの周辺は、元の車体の色が剥げてしまうことがよくあります。このまま放置しておくと、サビの原因にもなりますので、このような時に私達は板金塗装を車屋さんに依頼することになります。この車のボディーにあたる部分が板金というわけで、剥げてしまっても車屋さんに塗装の依頼をすると見違えるようにしてくれるので助かります。

板金塗装は信頼ができる車屋に依頼する

車の板金塗装を依頼する時には、企業が製造過程で業者に依頼をするのと同様に、業者の塗装のクオリティーが高く丁寧な作業を行うところに依頼をしたいものです。塗装でムラができてしまったり、またすぐ剥げてきたりなどすると、大切なお車が大変です。そのためにも丁寧な工程で作業をしてくれる信頼できる車屋さんに依頼をすることが重要です。加えてお車の板金塗装の依頼では、色だけではなくベースの金属に傷ができていたり、へこみや曲がっていたりなどもしていますので、そこを元どおりの形に直してもらうことから始めなければなりません。金属のへこみを材料で埋めたり、道具で力を加えて平らに戻すといった、細かな技術力が業者には必要になります。私達も車が修理された後に、どの部分がどのように綺麗になっているのかが後から検証できるように、業者に依頼する前の状態を写真などで残しておくと安心です。