板金塗装を依頼するための事前準備事項

板金塗装

愛車はどれだけ大切に乗っていても、思わぬトラブルや走行中の飛び石などで、へこみや擦り傷ができてしまうことがあります。車に傷を負ってしまってから、初めて板金塗装のことを知るという人も多いです。実際のところ板金塗装と聞いてもピンとこない人も多いと思います。板金塗装とは、車についたへこみや傷を板金と塗装という2段階の工程で修理することを指します。一人の職人が両方の工程を行う場合もありますし、それぞれの工程で別々の職人が行う場合もあります。どちらにしても板金塗装はプロに頼むことによりきれいな修復が可能ですし、サビの発生も軽減することができます。自分自身での修復で、余計に修理部分が悪化してしまったり、後に錆びてしまった結果、費用が膨れ上がってしまったケースも耳にします。

板金塗装会社、失敗しない選び方のコツ

板金塗装会社や職人さんによって、仕上がりも金額も様々なので、依頼しようにもどのような会社に任せればいいのか、わからないという方がほとんどではないでしょうか。自分で探す場合は、インターネットの口コミを見ること、実績を見る事、修復したい自分の車と似たような車の実績があること、若手作業員が少ないことなどいくつか押さえておきたいポイントがあります。これらのポイントを押さえたうえで、すぐに予約が取れてしまう会社、納期の相談に乗ってくれない会社、ディーラーや保険会社の紹介はなるべく避けた方がよさそうです。ディーラーや保険会社は、板金塗装会社を紹介する際に必ず仲介料を上乗せすることになりますので、結局支払う料金は純粋な板金塗装の金額に仲介料を加算された金額となってしまうのです。

板金塗装は腕の良し悪しが出やすい職人技

板金塗装は腕の良し悪しが出やすく、経験が浅いとキレイに直せない箇所などもあるので、専門的な職人という扱いになります。料金の差で出来栄えが変わることも多いようです。高い技術力が必要となる板金塗装は、料金設定や板金職人の腕前、工場によって大きな差が出るという特徴があることを知っておく必要があります。完成度の高低も人の価値観により違ってきます。自分が求めている出来栄えに合った会社、工場、職人を選ぶことが失敗しないためのコツと言えそうです。破損した部位によっては、修理するよりも交換した方が安く済むケースも多くあります。良心的であったり、人脈が広い板金職人だと、損傷が大きな修理の際に、中古部品を探し出して交換してくれることもありますので、良い業者に出会うことが愛車の修理成功のカギとなりそうです。