塗装時間から考える板金塗装依頼における時間的制約

板金塗装

板金塗装の依頼は、大きな枠で言えば車の修理に該当します。そのため時間はかかる物と思っている方は多いと思いますが、実際はどうなのでしょうか。実は軽くこすってしまった、とかうっかりしてしまったという程度の軽く小さい傷や凹みであれば、依頼する工場や時期にもよりますが数時間程度で終わる事もあります。ただし本当に大きな傷が入ってしまっている場合はおおよそ5日程かかる事もありますし、状態によっては修理しきれずパーツの交換が必要となる場合もあります。パーツの交換までいってしまうと、塗装の有無に関係なく取り寄せだけで1週間ほどかかってしまうでしょう。なので、素人目に見ても「派手に壊れている/傷がついている」と思う場合は、長い時間がかかる事を覚悟しておいた方が良いかと思われます。

板金塗装を依頼する際に何処に依頼すればいいのか

板金塗装は車の修理の一環であり一部です。そのため確実にしっかりと修理したいという場合には車のディーラーに依頼すると良いでしょう。場合によっては工場に持ち込む為日数がかかり、また費用も高額で安くなることはまずありませんが、修理を行う業者の技術は確かです。少しでも費用を抑えたい、出来れば時間も短くしたいという場合は修理専門店に依頼すると良いかも知れません。ただ、パーツの取り寄せの必要性や作業内容によってはかかる費用と日数が大きく変動する為、注意が必要です。最後に、直接工場に持ち込む事もツテや知人関係があれば可能です。信頼できる工場を知っているのであればこれほど頼もしい事はありませんが、初めて依頼する場合は、代車の有無や料金も含めてしっかりと見積もりを出してもらう事が重要です。

板金塗装を依頼する際に気を付けるべき点

色々と板金塗装を依頼する際の事を述べてきましたが、全てに共通して気を付けなければならないのは「どの程度の費用や時間がかかるのかはプロの目で見て見積もりを出してもらうまで分からない」という事です。もちろんあからさまに擦り跡があったりバンパーが凹んでいたりすれば素人目にも車が傷んでいる事は分かります。が、それが車の内部にどれだけ影響しているのか、取り替える必要があるのかどうか、そう言った事は分かりません。派手に壊れているように見えて、外装一枚の交換で済んだり、ただの凹みと思っていたのが内部まで届く変形で大修理になってしまったり、車や状況によって本当に色々なケースが存在します。なので、板金塗装を依頼する場合は、素人目の判断を信用せず、プロにしっかりと状態を確認してもらう事が何よりも肝要です。