プリンターは、パソコンで作成した文書や画像などを用紙に出力するのに重宝する機器です。パソコンでは、オフィスツールなどを使って文書を作成したり、写真を取りこんで独自の調整を行ったり出来ますが、3Dモデリングを作成する事も可能です。作成した3Dモデリングは、3DCGとして映像に活用する事が多いですが、近年では、3dプリンターと呼ばれる機器を使って、立体物を作り上げる事が出来るようになっています。この機器は、購入すると高価ですのでレンタルをする事で、直ぐに機器を導入して、3Dモデリングデータから立体物を生み出せます。専用の樹脂を硬化させたり、素材から切り出したりしながら、プリンターは立体物の生成を行っていきますので、モックを作りたい時に重宝します。

通常のプリンターでは実現しない事を実現する

通常のプリンターは、パソコンで作成した文章や写真などのように平面な物を印刷物として出力しますが、3dプリンターをレンタルしますと、3Dモデリングデータを樹脂の硬化や素材の切り出しによって立体物を作り上げられます。つまり、この機器は、通常のプリンターでは実現出来ない事を実現するのに適しており、パソコン上のデータだけではイメージ出来ない事を立体物で表現する事で、視覚だけでなく、手で触って確認するといった事も行えます。基本的には、製品を生産していく前に、形状を立体物として確認出来るモックアップに使われる事が多いですが、工夫次第でオリジナルのアクセサリー作りを行うのに活用する事も可能です。立体物の生成の方法は製品によって異なりますので、機器を借りる場合には、目的に合った生成方法が使える機器を借りるようにします。

理想的な立体物を作り上げるには

3Dモデリングデータから理想的な立体物を作り上げる為には、3dプリンターをレンタルする前に、3Dモデリングデータを作っておきますと、後の作業がしやすくなるでしょう。プリンターで生成出来る立体物は、比較的細かい部分まで再現出来るようになってきていますので、プリンターの使用者はイメージしている物を3Dモデリングデータとしてモデリングソフトを最大限に活用してデータを作っていきます。
モデリングデータの仕上がり次第で、プリンターを使った立体物の仕上がりは大きく変わってきます。プリンターのモデリングデータから生成する立体物の再現度は、新しいモデルほど向上してきていますので、機器を借りて使う場合には、最新モデルの物を借りるようにした方が、ユーザーにとって満足出来る結果を生み出してくれるでしょう。

NHK総合テレビ「超絶 凄ワザ!」で放映されました。金属3Dプリントをはじめ、光造形・粉末造形に関してもご相談下さい。 金属3Dプリンター販売・レンタル承ります。常駐のエンジニアが安心のサポート体制を整えています。 2015年全世界のトップに選出されました。 金属3Dプリントの拠点地は横浜市都筑区です。 金属3Dプリンター8台保有。 3dプリンターレンタル安心の保守サービス付き!